和歌山物産フェア

03.07

3/4,5は和歌山県が主催して企画している和歌山物産フェアに参加してきました。
百貨店やスーパーで県産品の売り込みにフェアを開くという企画です。

平和酒造は趣旨に賛同して利益は度外視して参加していますが、
今回のフェアは別の狙いもありました。
高卒新入社員の研修です。
社員が10人ほどの会社に高校生を3名も採用を決めたのです。
平和酒造では蔵人の高齢化、システムの老朽化が進んでいます。
それに対応するということで私がほぼ独断で採用してしまいました。

色々な期待が入り混じる中、
始まった一日目の午前中は、倒れそうになりました(苦笑)
当たり前ですが先日まで学生だったのです。
お客様への積極的な対応ができないのです。
「我慢、我慢。仕方ない、仕方ないと。これから育てるんだから」と
唱えながら一日を終えました。

自分が決めた採用に対する少しの不安がありましたが、
それを吹き払うように帰りの車では明るく反省会を開きました。

その反省会が聞いたのか、
次の日は、全員がお客様へ積極的に話しかけられ
胸をなでおろしました。
長い時間がかかるかもしれませんが、
彼らと共に次の平和酒造を作っていきたいとおもいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る